日ノ出窯の岩崎政雄が長年の試行の末に、
ついに量産することに成功した龍爪梅花皮(りゅうそうかいらぎ)は、
“奇跡の焼き物”と言われています。
喜左衛門(国宝)などで知られる井戸茶碗では、
梅花皮は見どころの一つとされていますが、
偶然の賜物であるがゆえに、安定した算出は難しいとされていました。
優美な白と、ちぢれ目から現れたこげ茶や赤の造形が素晴らしく、
凛とした日本の趣がありながら、海外でも通用するモダンさがあります。

After many years of trial and experimentation,
Hinode kiln’s master potter Masao Iwasaki finally succeeded
in the replicable manufacture of Ryusoukairagi,
spoken of as a “Miracle of Pottery”.
Ido chawan tea bowls such as the Kizaemon bowl,
a National treasure, are a highlight of Kairagi pottery.
Replicable manufacture however was said to be particularly difficult,
with the best results being very much the gift of chance.
An elegant white, with hints of brown or red visible through delicate fissures in the glaze.
These refined works speak to both traditional and modern tastes in Japan and overseas.
2020/09/10
日ノ出窯ランチ(10月の日程のお知らせ) New!
器も楽しむ日ノ出窯ランチ、10月の日程が決まりました。詳しくは、(株)みちこアソシエイツのHPをご覧くださいませ。ご予約お待ちしています。
2020/08/25
日ノ出窯オンラインショップにて、数量限定マグカップの販売が始まりました
この世にひとつの優美なちぢれ、生命力のある龍爪梅花皮(赤)のマグカップの限定商品をオンラインショップにて販売しています。数量限定の為、売り切れの際はご了承ください。
2020/08/06
日ノ出窯ランチ(9月の日程のお知らせ)
器も楽しむ日ノ出窯ランチ、9月の日程が決まりました。詳しくは、㈱みちこアソシエイツのHPをご覧くださいませ。ご予約お待ちしております
2020/07/11
8月の日ノ出窯ランチは満席となりました。
ご予約ありがとうございました。日ノ出窯 LINE公式アカウントでは、日ノ出窯ランチの日程などの最新情報を配信いたしますので、ご登録をお願いいたします。https://lin.ee/Cy7InvW

TOP